NPO PLANT A TREE PLANT LOVE

NPO PLANT A TREE PLANT LOVE

SINCE 2000


NPO PTPL 組織概要

名称

特定非営利活動法人プラントゥアツリープラントラブ(NPO PLANT A TREE PLANT LOVE)

設立趣旨

NPO PLANT A TREE PLANT LOVE(以下NPO PTPL)は、2000年の設立以来、一貫して<人間とは、人間の幸せとは、いったい何だろう>というテーマを思索追求し、啓蒙する活動および「人間・自然・環境・地域・地球」について考え活動している特定非営利活動法人です。

具体的には:

① “人と人、人と自然、人の心と身体のコミュニケーション“の豊かな社会づくり(PLANT A TREE)。

② 人への、自然への思いやり、いたわり、やさしさ”の溢れた社会づくり(PLANT LOVE)、つまり私たちが提唱する“ともいき“の社会づくりを目指しています。

“ともいき”のコンセプトならびに目指す“ともいき”社会とは:

“ともいき”とは、“祖先と共に、人と共に、自然と共に、地域と共に、結び合い、助け合い、支え合い、譲り合って生きる”という新しい価値観・生活観です。人々が”ともいき”の価値観・生活観で毎日を送ることが、“ともいき”社会を実現していきます。これからの政治・経済・科学・技術の進歩、発展、成長もこの“ともいき”社会づくりの手段としてあるべきと考えています。

いま、日本だけでなく世界が明るい希望をもてずに混迷しています。人間の傲慢と限りない欲望によって、人間社会にとって願わしい、調和・互恵・惻隠・謙虚・博愛・共和といった精神性を失っているからだと思います。

こうした時代のなかで、“ともいき”の価値観は、近未来の方向性を示していると思います。私たちは、この信念と価値観を広く日本と世界に広げることを目的としています。

設立年月日

平成12年(2000年)8月2日

役員

理事長:勝田祥三(カツタ ショウゾウ)

理 事:朝倉 勇(アサクラ イサム)

理 事:須藤麻江(スドウ アサエ)

理 事:柳川 裕(ヤナガワ ヒロシ)

監 事:須藤哲平(スドウ テッペイ)

事務局:佐藤 誠(サトウ マコト)

世話人

木村尚三郎(キムラ ショウザブロウ 故人・元東京大学名誉教授)

坂田俊文 (サカタ トシブミ 東海大学名誉教授)

富山和子 (トミヤマ カズコ 立正大学教授・日本福祉大学客員教授)

支局長

小平支局長  :池田春寿(イケダ ハルジ)

麻布十番支局長:山本仁壽(ヤマモト キミトシ)

歩み

2000年

NPO PLANT A TREE PLANT LOVE立ち上げ。

「二十四節気七十二候の普及」、「HAND IN HAND活動」の発信を開始。

(http://www.plantatree.gr.jp/)

2005年

NPOの啓蒙活動の柱として、“ともいき”という生活の価値観を呼びかけ、これからの時代に即した哲学であり、生きていく価値観、生活感を映像と共に追求するインターネットテレビ「ともいき」を開始。

http://www.tomoiki.tv/

2007年

“よい夢 ふくらめ おおきく なあれ 悪い夢 しぼめ さっさと 消えろ”をコンセプトとする、動物のバクをモチーフにしたキャラクター物語。子どもたちは未来の主人公。その子どもたちに夢と希望を、と考えた創作物語「タピラス」をWEB上で開始。

http://www.tapirus.tv/

2008年

新暦と旧暦を組み合わせ、季節の移り変わりとその表情が実感できることを訴求するため「ともいき暦」を開始。自然のリズムを感じとることのできる、まったく新しい価値観の生活暦「ともいき暦」をWEB上で開始。

http://www.tomoiki.ptpl.or.jp/calendar/

2009年

「富士山」と日本国内に350以上あるといわれている「ふるさと富士山」の研究。その研究を基にして、将来、地域おこし、地域活性化、さらには「環境立国」、「観光立国」という国興しへの道標のひとつになると考え、「おらが富士プロジェクト」をスタート。

https://www.facebook.com/oragafuji/

2012年

フェイスブック「ともいきぐらし」開始。

https://www.facebook.com/tomoikigurashi/

2013年

フェイスブック「おらが富士計画 ふるさと富士山」開始。

https://www.facebook.com/oragafuji/

2014年

これまでのNPO PTPL活動の集大成として、「ジャパネスク・プロジェクト」開始。

http://japanesque.tokyo/

① 共に生きる「ともいき」という自然観・生命観。

② 生み出す“ともうみ”という想像力・生産力。

③ 共に幸に生きる「ともさち」という倫理観・価値観。

先人たちの知恵と努力により、上記の考え方が日本人の精神的基盤となって、日本独特の形のあるモノ、コト、文化が創り出されました。私たちはこれらを「日本の本質、日本のアイデンティティ。それは日本的なるもの、ジャパネスク」と名づけました。

そして、「ジャパネスク」が、近い将来、地球上の諸民族の心と生活をつなぐ接着剤としての役割を果たすことができるのではないでしょうか。そして、共に幸に生る「ともさち」の世界へ到達できればと考え、活動していきます。

フェイスブック「不思議・驚き・魅力のジャパネスク」開始。

https://www.facebook.com/japanesque.tokyo/

お問い合わせ

〒105 - 0001

東京都港区虎ノ門3-3-3 虎ノ門南ビル 4階-A

TEL:03-6459-0264

FAX:03-6459-0284

※お問い合わせは こちら をご利用ください。

PTPL CONTENTS

ともいき暦 ジャパネスク インターネットテレビ ともいき タピラス 二十四節気七十二候 ともいき便り メッセージ映像 フェイスブック 応援ブログ
ページ先頭に戻る